ヨガはダイエットに効果抜群

ヨガは有酸素運動のため脂肪が燃焼し代謝を改善しダイエットに効果があります
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ヨガの体脂肪燃焼効果
JUGEMテーマ:ダイエット
 ヨガやウォーキングやサイクリングなどのように、
筋肉に軽い負担を継続してかけ続ける運動が有酸素運動です。
軽い負担とは、脈拍が1分間に110〜120程度の運動のことを言います。
軽く汗ばむ程度です。有酸素運動のエネルギー源としては、体脂肪が使用されます。
ただし、運動をはじめてから20分間は先ずは血液中の脂肪がエネルギー源として使用されます。
その後、20分を超えると、体脂肪の燃焼へと移行します。以降は体脂肪燃焼が継続されます。
ですから、体脂肪を燃焼させるためには、20分以上の有酸素運動が必要になります。
40分程度行えば、効果が期待できるでしょう。
ただし、無理をして、脈拍が1分間に110〜120を超えてくると、
酸素の供給だけでは追いつかなくなり無酸素状態でエネルギーを作るようになります。
これが、無酸素運動です。
無酸素運動の場合は筋肉に貯めておいたグリコーゲンがエネルギー源となります。
つまり、体脂肪はエネルギー源として使用されないため、
無酸素運動そのものでは体脂肪を燃焼させる事はできなくなります。
無酸素運動もダイエットには効果があり必要な運動です。
しかし、体脂肪を減少させるには有酸素運動ということなのです。
汗ばむような運動を何十分も行うことは、辛いと思われるかもしれませんが、
確かに単調な運動を続けることは苦痛です。
しかし、ヨガはさまざまなポーズがありますから、飽きる事なく楽しく続けることができます。
そのうちダイエットのために始めた事も忘れて、熱中するかもしれません。
体脂肪燃焼に有効的なヨガはいかがですか。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
内臓脂肪と食事制限
JUGEMテーマ:ダイエット
 内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、燃焼しやすく、ヨガなどの有酸素運動が
効果的です。内臓脂肪は恐ろしい生活習慣病に
つながる可能性がありますから、十分な注意が必要です。
しかし、ヨガなどではなく、食事制限で減らそうと思ってもそう簡単ではありません。
過度の食事制限をもう少し考えてみましょう。ここに、基礎代謝量1200kcal、
生活での消費量600kcalでトータル1800kcalを消費している人います。
その人が、食事制限によって1600kcalしか摂取しなくなると、
始めは確かに体重が減ります。
しかし、その内からだはエネルギーを消費しないように、基礎代謝量を1000kcalに
減らしてしまいます。そのため、それ以上体重は減らなくなります。
しかしその後、ダイエットをあきらめて、食事を元の1800kcalに戻したとします。
すると今度は200kcalオーバーすることになり、それが脂肪になるのです。
結局、食事を元に戻しただけにも拘らず、逆に太ってしまうのです。
見事にリバウンド完成です。
さらに、無理なダイエットのため筋肉が衰えてしまっているので、
エネルギーが消費しにくくなっています。つまり、やせにくい体になってしまい、
さらにダイエットが難しくなるというわけです。このように食事制限によって、
かえって太りやすく、やせにくいからだが出来上がってしまいます。
恐ろしいことですね。
ダイエットに食事制限は必要ですが、何事もやり過ぎは逆効果をもたらすということです。
さらに、最も危険なのは、下剤などの薬を使用する方法で、
これは脂肪を減らしたのではないため、水分を摂れば元に戻ってしまいますし、
仮にそのまま続ければ、間違いなく体調を崩すでしょう。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨガは痩せやすいからだを作る
JUGEMテーマ:ダイエット
 ヨガは深層筋(インナーマッスル)を鍛え、基礎代謝率を高め、痩せやすい体を作るのに効果的との話を前回しました。基礎代謝率が高いと、それだけで脂肪がつきにくいのですが、基礎代謝率は、年齢とともに低下し、だんだんと脂肪が燃焼しにくい体になっていきます。にもかかわらず食事の量が変わらなければ、脂肪はどんどん蓄積されていきます。
基礎代謝率が低い方は、体温が低い(35度台)・生理不順・冷え性・虚弱体質・あまり汗をかかない、などが見受けられますので、そのような方は脂肪が溜まりやすくなっている可能性があります。
基礎代謝率が低下し、脂肪が溜まりやすくなり、その結果、内臓の周囲に脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」になると、高血圧や糖尿病など、さまざまな生活習慣病が起こりやすくなりますので、ヨガなどを取り入れて、脂肪を燃焼しやすい体に変えていくようにしましょう。
ヨガはストレッチ効果があるために、脂肪をどんどん燃焼してくれる深層筋(インナーマッスル)を鍛えてくれます。日頃運動をしていない方はもちろん、運動している方でも、冷え性や腰痛、肩こり、便秘などの方は、体の歪みを矯正することで改善が期待できますが、ストレッチ効果が高いヨガは適しています。

| ヨガの効果/脂肪を減らす | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨガで内臓脂肪を減らそう
JUGEMテーマ:健康

 ヨガなどの有酸素運動は内臓脂肪を減らすのに効果的です。
この内臓脂肪型の肥満は注意しなければなりません。
なぜなら、内臓脂肪型の肥満の人は、そうでない人に比べ、
糖尿病や動脈硬化、高血圧症などの危険性が高まるからです。
いわゆる、メタボリック症候群ですね。
最近では、企業などの健康診断にも取り入れられ、注意を促すようになっていますね。
この内臓脂肪とは、その名の通り、皮下脂肪と違い、内臓の周りに付く脂肪のことですが、
女性よりも、男性の方が付きやすく、パンパンに張っていて、
手でつまめない場合は内臓脂肪の可能性が高いといえます。
一方、女性に比較的多い、皮下脂肪型の方は、手で容易につまむことができますね。
注意が必要な、内臓脂肪は、そのままにしないことです。
ヨガはこの内臓脂肪を減少させるのに効果的ですので、始めてみられてはいかがでしょうか。
ただし、ヨガなどの有酸素運動は20分以上続ける必要があると言われていますね。
そして、40〜50分程度行うと高い効果が期待できるといわれています。
(ただし、最近では、少ない時間でも、良いという説もありますが)
40〜50分といっても、例えば、朝・昼・夜、各15分で合計45分、でも良いので、
内臓脂肪が気になる方は、まずは、できる範囲からでも始めてみてはいかがでしょうか。


 

| ヨガの効果/脂肪を減らす | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨガと脂肪の消費
ヨガにはさまざまなポーズがあり、普段使わないさまざまな部分に働きます。
日頃からよく使う体の部分は脂肪がどんどん消費されていきます。しかし、そうでない部分は、エネルギーが消費されないために、余分なとして、どんどん蓄積されていきます。おなか・背中などに脂肪がつきやすいのは、その部分が普段の生活の中だけではあまり使われないからです。ですから、その部分を日頃から動かすようにすれば脂肪は消費されるわけです。しかし、体の中の多くの部位の中で、日常の生活の中で使われる筋肉のほうが圧倒的に少ないため、思いつきで運動をしても、効果はなかなか表れてくれません。普段使われていない部分はどこなのか、その部位の筋肉に働きかけるのはどのようにすればよいのか。そのことを理解した上で運動をすることが大切です。そのようにすれば、最小の運動で最大の効果を得ることが期待できるわけです。それにはヨガのポーズは効果的です。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 20:57 | comments(0) | - | pookmark |
脂肪の消費
日頃からよく使う体の部分は脂肪がどんどん消費されていきます。しかし、あまり動かさない部分は、エネルギーが消費されず、余分な脂肪として、どんどん蓄積していきます。おなか・背中などに脂肪がつきやすいのは、普段の生活の中だけではあまり使われない部分だからです。ですから、その部分を日頃から動かすようにすれば脂肪は消費されるわけです。しかし、体の中の多くの部位の中で、日常の生活の中で使われる筋肉のほうが圧倒的に少ないため、思いつきで運動をしても、効果はなかなか表れてくれません。普段使われていない部分はどこなのか、その部位の筋肉に働きかけるのはどのようにすればよいのか。そのことを理解した上で運動をすることが大切です。そのようにすれば、最小の運動で最大の効果を得ることが期待できるわけです。それにはヨガのポーズは効果的です。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 21:50 | comments(0) | - | pookmark |
ヨガでお腹周りの脂肪もすっきり−2
ぽっこりお腹はインナーマッスルを鍛えることでもとても効果があります。インナーマッスルとは筋肉の深部にある細かい筋肉の集まりを言います。それに対し、外側の筋肉をアウターマッスルといいます。このインナーマッスルの内、脊柱と大腿筋をつないでいるのが大腰筋で、これが弱まると猫背になり、内臓が落ち込み、落ち込んだ内臓を守るために脂肪がつき、ぽっこりお腹になるのです。ですからこの場合は有酸素運動と同時にインナーマッスルを鍛えなければなりません。しかし、インナーマッスルはウェイトトレーニングなどで鍛えることはできません。大腰筋は大腿部を持ち上げることによって動く筋肉で、ヨガピラティスが効果的なのです。ですから、有酸素運動であり、インナーマッスルも鍛えることができるヨガはまさにぽっこりお腹には最適の方法と言えるのです。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 17:36 | comments(0) | - | pookmark |
ヨガでお腹周りの脂肪もすっきり
お腹周りに脂肪がつき、ぽっこりお腹を気にしている方は多いのではないでしょうか。それを目的にダイエットを始めたという方もかなりいらっしゃることでしょう。そこで、このぽっこりお腹ですが、これは骨盤の状態が影響している場合が多いのです。出産その他で骨盤が開くと内臓が落ち込み、周りに脂肪がつきます。そして、そのようなお腹になります。ですから、ダイエットしてもお腹周りに効果が出ない場合は骨盤との関連もあるかもしれません。そのような場合は骨盤の矯正も同時に行うと効果が出る可能性があります。そのようなケースにおいてもヨガは、有酸素運動だけでなく、骨盤などの矯正も行いますので、ぽっこりお腹をすっきりお腹にするための効果も絶大です。同時に、ヨガを行いゆがみを矯正すれば肩や首のこり、腰の痛みなども改善されます。ぜひ、ヨガの効果を体験してください。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
ヨガで脂肪を減らす
体脂肪には皮下脂肪内臓脂肪があり、皮膚の下にあるのが皮下脂肪で、内臓の周りにあるのが内臓脂肪ってそのまんまですね。
通常男性のほうが女性よりも内臓脂肪がつきやすく、反対に女性は男性よりも皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。皮下脂肪は手でつまめます。
ですから、お腹が大きいのに手であまりつまめない場合は内臓脂肪が多い場合が考えられます。
この内臓脂肪型肥満になると糖尿病や動脈硬化、高血圧症などの危険性が高まります。
最近よく言われる、メタボリック症候群の危険性が高まると言うことです。
この内臓脂肪を減らすために効果的なのがヨガなどの有酸素運動です。
特に内臓脂肪は減らしやすいため有効です。
ヨガなどの有酸素運動は20分以上続ける必要があり、40〜50分程度行うと効果的ですが、40〜50分というと長いと感じますか?
でも、これは一度に行わなくても良いのです。
何回かに分け、合計で40〜50分程度になれば良いのです。
ですから、ヨガで楽しくすっきりダイエットしましょう。
| ヨガの効果/脂肪を減らす | 23:50 | comments(0) | - | pookmark |
ランキング
パーツ
My Yahoo!に追加

Add to Google

  • SEOブログパーツ
SEO
Su-Jine
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS